勤務先がブラック企業かなと思ったら実態と照らし合わせて確認してみてください

ブラック企業の工場とは

工場へ勤務されている方で仕事の面、お給料の面でこれは絶対におかしいと悩まれている方の参考になればと思います。
自分が働く企業しか見ていないとそれが当たり前と思うように錯覚してしまいます。
一生上手く使われるだけの人生なんて何も楽しみがありません。
自分の意見が述べる事のできる人間として生きていけるかが大切です。

サイトのタイトルにもあるようにブラック企業とは、労働条件や就業環境が劣悪で従業員に過重な負担を強いる企業や法人の事を言いますが、はっきりと判断しづらいというのが現状だと思います。
これからの文章は実際にあった工場でのブラック企業の実態を例としてご紹介しています。
会社と作業者との本当の信頼関係があれば、このようなトラブルは少ないはずです。
今の勤務先での状況と照らし合わせてみてください。
a0003_001887_m

自分の仕事内容とお給料が見合っていれば多くの方は何の不満もなく転職も考えることはないと思います。
しかし、労働時間とお給料の割があっていないと思われている方は残念ですが結構多いようです。

まず工場では昼勤、夜勤をとっている会社が多くあり色々な会社のブラック企業の実態があります。
話を分けて説明していきます。

昼勤の工場でよくある話なのですが、まず朝出勤してから設備の立ち上げ、設備の準備などを強制的にさせられる事があると思います。
まだ電源など設備の起動だけならば分かりますが、そう簡単にはいかないような設備もあります。
毎日仕事前に30分、1時間と仕事を行っていると積み重ねればとても大きな金額になるでしょう。
バカバカしい状況ですが、会社全体がそのような就業時間前の仕事を行っているような会社ではそれが普通と思えてきてその空気に流されてしまいます。
会社はそのような事をさせるのであればそれなりの対応を取るべきなのです。
何分前の出勤時間、タイムカードを付けるなど色々と方法はあるはずです。
仕事前の仕事をしないからといって、責任感がないだとか言われ会社の昇給、賞与などに差が出てくるようなことは決してあってはなりません。
挙句の果てには、何か就業時間外でトラブルが発生した時、責任をも押し付けられるような状況になりかねません。
周りの従業員がそのようにしているから、自分も仕方なくやっているという状況はかなり危険です。
朝にもサービス残業は潜んでいるのです。
ブラック性を上司と話し合い改善できれば良いのですが、この先この状況が続くと転職をも考えてしまうでしょう。

次に勤怠カード、タイムカードについてお話しします。
工場の規模により小さな工場では仕方がないのですが、従業員が100名以上とかそのような規模になってくると
出勤時間、退勤時間を管理できるタイムカードで管理させることがよくあります。
ある程度の規模の工場で働いておられる方々で、勤怠を自分で手書き、サインさせられてしまう会社は結構なブラック企業だと考えられます。
上司から指示された時間を手書きでタイムカードに記載しサインを行った時点で、自分はその労働時間を承認した事となります。
後から言っても何の文句も言えない状況にさせているという事です。
このような状況の方は自分の状況をよく見直してみてください。
工場での労働者の方々は、会社からすれば上手く使うことが出来れば良いと言った感覚で思われがちです。
良い会社というのは、従業員への利益での還元率が大きいのです。
手書き勤怠の方は上司から何を言われようが、少しの誤差は生じるかもしれませんが、実際に出勤した時間、退勤した時間をきっちりと記載しておく必要があります。
そうした場合に上司から指摘を受けたり、訂正をお願いされるような会社は危ないとしか言いようがありません。
嘘の申請をなぜする必要があるのか疑問すぎますよね。
泣き寝入りをしてはいけません。
製品に対し何かトラブルがあった時にはしっかりと責任を取らされるのです。
そこで訂正をしてしまえばこの先何も変わらぬ上手く使われているだけの人生を送る事となってしまうでしょう。
別で自分のカレンダー、手帳などに時間を記載しておくのも一つの手段です。
労働問題となった場合にはそのような証拠は効力を持ちます。

次はまた戻るのですが、サービス残業についてです。
5時までの就業期間、7時までの就業時間なのにその時間に帰ることができないなんてことありませんか?
就業時間が終わってから会社を出るまでどのくらいの時間がかかっているか把握してますでしょうか。
決まった時間が終わってから30分、1時間と作業、片づけ、掃除、設備の点検などを行っている方がいれば、それはおかしな実態です。
他の方が行っているからと言ってその空気に流されてはいけません。
あなたがそこで無償で働く事によって会社が得するだけで、お給料の発生する時間は終わっていますのであなたには何の見返りもありません。
時間内にやらなければならないことを出来る環境でないことをまず上司に相談しましょう。
企業は時間内に終わることのできるよう行わなければならないのです。
それでもそこで働く者の責任だと言われ、どうしようもなければそれはもうどうにもなりません。
これがブラック企業なのです。
その仕事が終わらなければ責任は現場の上司にあります。
サービス残業が当たり前となっている現場はかなり悲惨です。
会社と上司の関係性に問題があって、あなた自身は犠牲者でしかありません。
上司が怒られない為に、作業者の方々はサービス残業を行っているだけということをよく理解しておきましょう。
残って仕事をしないからと言って、その方自信の評価が左右されるような事があってはならないのです。

続いては残業代、残業時間の繰り越しについてです。
これは、結構ブラック企業性がとても高いと言えます。
今月働いた残業代が翌月のお給料に反映されないという状況です。
残業時間の申請が何十時間までと取り決めを行っている工場で残業代、残業時間の繰り越しはよく話を耳にします。
残業代、残業時間の繰り越しは必ずしも現場の上司に問題があると言える事でしょう。
繰り越しした給料が、繰り越しに繰り越しを重ね何カ月も先になってしまいます。
そのような話を上司から持ち掛けられた時は、実際におかしいのですから断らなければなりません。
何名もそのような状態にある会社は問題を抱えており、繰り越しした時間が膨大となり大問題へと発展していきます。
このような状況が断れないと言った空気の会社こそがブラック企業なのです。
なぜ残業代、残業時間を繰り越しさせるような事をするのか疑問に思うことでしょう。
それは、その月の計画残業時間の規制内に収めましたよと上司が会社へ報告する為だけの事だと考えます。
あたなは完全に犠牲者であるとしか考えられません。
会社自体はその状況を知らないのです。
自分の働く会社の役員、上層部と話が出来るのであればそこへ直接相談するようなことが解決への近道かもしれないのですが、何度も何度も続く用では今後の事をよく考え直す必要があると思います。

最後に従業員の入れ替わりが多い会社です。
辞めていく方が多い会社にはそれなりの事情があるからと言えるでしょう。
求人が常にかかっているので景気が良いと思われがちですが、実はそうではありません。
不幸を回避し転職していく方が多いだけなのです。
作業者の方の使い方が荒い事や、作業現場の移動が頻繁にあるようなケースでは危ないかもしれません。
携帯などでも自分の働く会社情報が確認できるはずです。
自分が働く会社がどのような情報を周りに発信しているのかも知っておいて損はないかもしれません。



・▲被リンクを増やしたいなら被リンクが無料和泉市で腰痛・頭痛・交通事故治療なら よしの整骨院副業、在宅ワークで成功するコツを紹介

PAGETOP
Copyright © ブラック企業の工場実態 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.